| 一般向け 自動ドアの使い方について  | 管理者向け 自動ドアのボタン周辺・緊急時の開閉時間  |

おとなのトイレマナー Ver. 多機能トイレ

■ 一般向け 自動ドアの使い方


おとなのトイレマナー①「室内の閉まるボタンを押して、鍵をかける」



→ 自動ドアは扉を開けた後、自然に閉まりますが、鍵はかからない設定。
☆使用中に開いてしまった経験がある方は、鍵がかかっていないことが原因

【自動ドアの使い方 室内】
自動ドアの使い方 自動ドアの使い方

【自動ドアの使い方 室外】
自動ドアの使い方 自動ドアの使い方

おとなのトイレマナー②「トイレ使用後、室内の閉まるボタンを押して、外に出ない」



→ 自動ドアは内側の閉まるボタンを押すと、外から開かない設定です。
☆扉の前で、多機能トイレが開くのを待っている人がいる理由は、前に使った人が
トイレ内の閉まるボタンを押して、出てしまったからです。

おとなのトイレマナー

おとなのトイレマナー③「オムツ換え台は使用後に畳む」



→ オムツ換え台を出したままだと、元に戻せず、室内に入れなくなる利用者もいます。
☆多機能トイレは、だれもが利用されますので、オムツ換え台は必ず戻してください。
 次の人のことを思いやる、それが“おとなのトイレマナー”です。

■ 管理者向け 自動ドアのボタン周辺・緊急時の開閉時間


おとなのトイレマナー④「自動ドアのボタン周辺にモノを置かない」



→ 自動ドアのボタンの前にゴミ箱が置きっぱなし、オムツ換え台が出しっぱなしだと、ボタンを押せません。
☆障がい者には、ボタンを押せない方、オムツ換え台を元の位置に戻せない方もいます。
 多機能トイレの巡回や清掃後は、だれもが利用されますので、必ず戻してください。

おとなのトイレマナー⑤「緊急時の開閉は30分後を目安に設定」



→ トイレ内トラブルの平均時間は約28.6分。自動ドアの開閉時間の設定はできるので、
 緊急時、30分後に開閉出来ることを推奨します。




みなさまが考える「おとなのトイレマナー」も募集しております。下記から、ご投稿ください。





おとなのトイレマナー事務局:NPO法人Check , NPO法人全国自動ドア産業振興会